ガタカ


gattaca.jpg

「ガタカ」を鑑賞。1997年の映画だそうですが、初めて観ました。遺伝子操作で人工的に優秀な赤ちゃんを産むことが当たり前になっている近未来のお話です。自然に生まれた「不適正者」と、遺伝子操作で生まれた「適正者」には明確な格差が。「不適正者」のヴィンセントがその境遇に負けず夢をかなえるために努力をする主人公ですが、「適正者」として生まれたエリートのジェロームにこれまた心を打たれました。(ジュード・ロウが超美形。)
いろいろと考えさせられる、とても印象的な映画でした。大好きです。もう一回観よう。
でもあれですね、すごく恵まれたように見える人でも、その人にしかわからない、周りには見えない苦労や悩みがあったりするものなんですよね。人を羨んだり妬んだりする必要はない。何が幸せなのか、実は自分はとても恵まれていたんだと気付いたり。

話がそれましたが、似顔絵はヴィンセント役のイーサン・ホークです。

【Amazon.co.jp先行販売】ガタカ [DVD]

新品価格
¥1,000から
(2015/3/14 11:32時点)




スポンサード リンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサード リンク

Copyright (C) 2015 NIGAOE-K+ All Rights Reserved.